このビザは、日本の現在の雇用主の子会社、関連会社、または本部に異動する人向けです。

  • 転勤者は、COE申請のタイミングの少なくとも1年前に会社に雇用されていなければなりません。 この基準を満たしていない場合、通常は別のビザのカテゴリに申請することができます
  • ホーム会社とホスト会社は資本関係が必要です
  • 譲受人は、日本のスポンサー企業でのみ働くことが許可されています
  • 滞在期間は3months、1year、3yearsまたは5yearsです

このビザは、日本での滞在期間中に工学、経済学、社会学、人文科学、国際作業、翻訳、デザインまたはその他の同様の作業の分野に従事する人に適用されます。

  • 転勤者は、従事する仕事に関連する科目を専攻する単科大学または総合大学でコースを修了しているか、または同じ雇用分野で少なくとも10年間の実務経験が必要です。
  • 転勤者は他の会社に出向することができ、このビザカテゴリの下で雇用者を切り替えることもできますが、後者の場合は入国管理局に通知する必要があります。
  • 滞在期間は3months、1year、3yearsまたは5yearsです。

2011日本では、スキルが日本での経済成長と新しい需要と雇用の創出に貢献する可能性のある外国人専門家に優遇措置を提供するように設計されたポイントベースの移民システムを導入しました。

ポイントベースのシステムでは、70ポイント以上を獲得した外国人専門家は「高度な技術を備えた外国人専門家」として認められ、移民に関するさまざまな事項で優遇措置が与えられます。

このシステムの下で資格を得る人への利点
  • ビザのステータスカテゴリ外の複数のアクティビティに従事する許可
  • 5年間の滞在期間が自動的に付与されます
  • 永住権を取得するための緩和された要件
  • 入国審査を伴う優遇措置(空港、書類など)
  • 配偶者が制限なく仕事に従事する許可
  • 申請者の両親が日本に居住する許可
  • 海外からの国内使用人のビザをスポンサーする許可
修飾する方法

「高度なスキルを備えた外国人専門家」としての資格を得るには、申請者は、次の3つのカテゴリに該当する活動に従事している、または参加する意向でなければなりません。

  • 学術研究活動
  • 専門的/技術的活動
  • 経営管理活動

評価は、学歴、職業経験、年sal、研究分野での業績などに基づいてポイントを授与することにより行われます。 応募者の正確なアイテムが評価され、各アイテムに割り当てられるポイントは、参加予定のアクティビティによって異なります。

このビザは、社長、取締役、マネージャー、支店の代表者などの会社の管理または管理を行う人、および日本で会社を設立または設立する予定の人向けです。

会社の資本金は5million円以上でなければなりません。

  • 譲受人は、ディレクター、部門長、または3years以上の高い地位で働いていなければなりません。
  • 譲渡に経営学修士の卒業証書がある場合、上記の経験と同等とみなされます
  • 滞在期間は3months、1year、3yearsまたは5yearsです

包括的なビザと移行手順を活用して、クライアントのストレスを軽減し、ビジネスと個人の責任に集中できるようにします。

Relo Japanの経験豊富な専門家チームは、バイリンガルの支援と優れた 日本の移民 入国管理局やその他の公的機関と連携して、複雑な申請プロセスを通じてクライアントを案内する知識。

当社のサービスは次のとおりです。

  • ビザのオプションに関する予備協議、プロセスおよび必要書類に関するアドバイス。
  • 譲受人と会社からの必要なすべての文書のレビュー。
  • 入国管理局に提出するCOE申請書およびその他の必要な手紙の準備。
  • ホスト機関に代わって入国管理局にCOE申請書を提出。
  • COEを譲受人に送付し、最寄りの日本大使館または領事館でビザを申請する方法を説明する。

資格認定申請書

申請することは可能ですが 日本ビザ 大使館または領事館を通じてビザを取得する最速の方法は、最初に日本の入国管理局から在留資格証明書(COE)を申請することです。 COEは、その所有者がビザを取得するための基準を満たしていることを示し、数日のうちに日本大使館または領事館を通じてビザを取得できることを示す文書です。

譲受人はまだ日本にいないので、COE申請書は移民弁護士がホスト会社をスポンサーとして準備し提出します。 COE申請は、同伴する家族にも行う必要があります。 申請書が提出されると、通常、COEが発行されるまでに2〜4週間かかります。 申請処理時間は、主にホスト会社が規模の面で最低要件を満たしているかどうか(前会計年度に従業員の給与から源泉徴収された所得税の総額で測定)、以前にビザ申請を後援したかどうかによって決まります。 申請が提出された後、プロセスを促進したり、ステータスを確認したりする方法はありません。

ビザの取得

COEが発行されると、COEは担当者に送られ、担当者は最寄りの日本大使館または領事館を訪問してビザを申請します。 一部の地域の国籍には制限がありますが、一般的に居住国だけでなく、世界中の大使館または領事館でビザを申請することが可能です。 COEを伴うビザ申請の標準処理時間は3〜5営業日です。

譲受人が長期ビザが発効する前に一時訪問者のステータスで日本に到着した場合、COEが発行された後、在留資格の変更と呼ばれる手続きがあります。出国せずに長期労働状態に変更する。 ただし、この手続きは、譲受人が日本に到着する前にCOEが発行された場合に、東京入国管理局の管轄内に住んでいる人のみが利用できることに注意してください。

日本への到着

旅行前にビザを取得している限り、譲受人と同行する家族はそれぞれ、入国港で在留カードを受け取ります(4つの主要国際空港のいずれかに到着することを想定しています)。 許可された滞在期間(1、3、5年)を示す上陸許可証もパスポートに貼られます。

住民登録

長期滞在ビザを所持しているすべての新しく到着した外国人居住者は、到着後14日以内(または、まだ入居していない状態で到着した場合は14の長期居住地に移動した日以内)に居住する地区に登録する必要があります)。 新しく到着した住民は住民登録簿に追加され、彼/彼女の住所は住民票の裏面に記録されます。 必要に応じて居住証明書も発行できます。 銀行口座を開設したり、他の種類の契約を締結したりするには、この手順を完了する必要があります。

主要企業がスポンサーとなるビザカテゴリー

30を超えるビザのカテゴリがありますが、国際的な割り当ての場合に使用されるものは、企業内転勤者、エンジニア/人文科学の専門家/国際サービス、ビジネス/マネージャーの3つに制限されています。

高度な専門家のためのポイントシステム

2011日本では、スキルが日本での経済成長と新しい需要と雇用の創出に貢献する可能性のある外国人専門家に優遇措置を提供するように設計されたポイントベースの移民システムを導入しました。

今すぐお問い合わせ